プロジェクト管理ツールの選び方

プロジェクト管理ツールは、複数のプロジェクトを同時進行する際の進捗状況の把握ややるべきタスクの確認などをスムーズに行うことのできるもので、近年では紙での管理に代わって主流となりつつあります。メンバー間で簡単に情報共有も可能なため、プロジェクト全体を把握しやすく、ミスを減らし作業効率を上げるといったメリットがあり、様々な企業で採用されています。様々なプロジェクト管理ツールがありますが、選ぶ際には、必要な機能が揃っているかだけでなく、操作性やデザインのわかりやすさなど自分にとって実用的なツールであるかを重視します。

では、どのようなプロジェクト管理ツールがおすすめといえるのかですが、まず、視覚的な分かりやすさを重視する方に推奨されているのが、付箋を使ったタスク管理など、操作性がシンプルで一目で分かりやすいものです。企業での導入向きのツールとしては、オンプレミス型で機密性が高く、チケットとガントチャートの連動で効率的にタスク管理ができるものが挙げられます。また、誰でも使いやすいデザインで多くの企業に選ばれているのが、メンバー同士の情報共有を容易にする機能が充実していて、ファイルの共有なども簡単にできるツールです。違う拠点の社員とも、スムーズにプロジェクトを進めることができます。サポート体制がしっかりしているものもポイントです。これらのツールは無料もしくはトライアルがあるので、使いやすさをチェックして検討することが大事です。

CHECK>>おすすめプロジェクト管理ツール